美容豆知識

髪の毛を早く伸ばす方法なんてあるの?髪が早く伸びる人いますよね?

[chat face="551299.png" name="管理人ことり" align="left" border="red" bg="red"]]

女性にとって髪の毛って大切ですよね。美容院で思ってた以上に短い髪型になっちゃったぁ…ショック!の経験ありませんか?

[[/chat]

たぶん多くの女性たちが同じような経験をしたこと、あるのではないでしょうか?

そんな時、髪の毛を早く伸ばす!!とあれこれと試してみたり…

一体、どうやって髪の毛を早く伸ばせるものなのか、髪の毛にいい食べ物って? や健康的な髪の毛を作るために気をつけることなど、ご紹介いたしますね。

髪の毛を早く伸ばす裏ワザなんてあるの?

髪の毛をを早く伸ばす

普通、髪の毛は1ヶ月に約1cmくらい伸びるらしいですね。一日だと0.3ミリから0.5ミリほど。

 

周りに「あの人って髪の毛の伸びが早いよね~」って人いませんでした?私の友達でもいたんですよ。

では、実際に早く髪の毛を伸ばせる方法があるのでしょうか? もしくは、髪の伸びが早い人ってどんなことしてるんでしょうか? 

頭皮を刺激して髪の毛を早く伸ばす

髪の毛を早く伸ばす

髪の毛を早く伸ばすなら頭皮の血行マッサージや、ツボマッサージがいいと言われているようですね。

理由としては、頭皮を刺激することで、血行が良くなります。そうすることで髪への栄養が届きやすくなり、髪の毛の伸びが早くなると言うことのようです。

お金もかかりませんし、自分でいつでも出来るという点でも、試してみる価値ありですよね。

頭皮マッサージで、外側から刺激を与えることも効果有り!とのことですが、もちろん、内側から栄養を摂ってあげることは大切です。

では、髪のためにはどんな栄養素が必要なのでしょうか?

髪の毛に必要な栄養素を摂ろう

髪の毛を早く伸ばす

髪の毛はケラチンと言うたんぱく質で構成されています。

〝ケラチン配合″シャンプーなど店頭でもよく見かけますよね。ケラチンは体内で生成されないため、きちんと食事で摂っていく必要があります。

髪の毛のを育てる栄養素として、たんぱく質、それ以外に、ビタミン、亜鉛が必須の栄養素とされています。

 

まず、たんぱく質は、大豆製品、タマゴ、肉、魚、乳製品、

ビタミン類は、野菜、豚肉、マグロ、

亜鉛を多く含む食品は、生牡蠣、豚レバー、アーモンド、チーズ、大豆製品など

 

忙しかったり、外食続きの時などもあるかと思いますが、サプリなどで上手に工夫しながら髪の毛にいいものをきちんと摂るよう心がけてみましょうね。

髪の毛のために日々の生活で心がけること

髪を早く伸ばす

髪の毛のためにきちんと栄養を食事で摂ることとても大切ですが、それ以外にも日々の生活の中で意識して心がけるべきことを、次にご紹介していきますね。

  • 髪の手入れをきちんとする、1ヶ月~2ヶ月に1回は美容院へ
  • カラーやパーマはなるべく避ける
  • 洗髪の時は、熱すぎないお湯を使う
  • コテ、ヘアアイロンなどは髪を傷めるため、なるべく使用しないようにする
  • 髪の毛を乾燥させないようにこころがける
  • タバコは避ける
  • きちんと睡眠をとる
  • ストレスをあまり溜めないようにする
  • ドライヤーはなるべく冷風を使う(短めに温風を使った後は冷風のリピート)

温風ドライヤーを使うと、熱風が毛根からの皮脂の分泌を促してしまい、髪の成長を妨げてしまうようです。

出来るだけ、タオルドライして冷風で乾かすほうがいいみたいです。

でも冬などは寒いので、どうしても温風ドライヤーを使ってしまうことになるのでしょうが、タオルドライをたっぷりして、ドライヤーの時間を少なめにするように心がけましょうね。

髪の毛の伸びを妨げてしまう悪習慣を避ける

髪を早く伸ばす

健康な髪のためにいいことの逆のことではありますが、体の健康を害してしまうことは、もちろん、髪の毛の健康も損なうことになってしまいます、日々の生活の中で、すべきでないことをまとめておきますね。

  • 不規則な生活
  • ダイエットなどによる、栄養の偏った食事を摂ること。
  • 髪の(頭皮の)汚れを落とさないままでいること。
  • パーマや熱風のドライヤーで髪を傷めてしまうこと。
  • 喫煙により、血行収縮をさせてしまうこと

上記で挙げたものは、髪の毛の健康を損なわせてしまうだけでなく、お肌も、もちろん、体の健康のためにも、よくありませんので、避けるように心がけてくださいね。

まとめ

髪の毛を早く伸ばすためには、健康な髪があってこそ!髪の毛を伸ばす方法は、難しいことではないのです! 自分で毎日続けていくことができますね。

体の内側から健康を心がけ、お肌のケアと同じように、髪の毛のケアにも、今までよりもう少し時間をかけてあげるよう心がけてみましょうね。