美容豆知識

顔がかゆいのはナゼ?!かゆみがおきる原因と3つの対処法とは

顔かゆいどうしてかわからないけど、顔がとにかくかゆい!かくと皮膚もポロポロと剥けてくる。

と、いった症状で悩んでいる方は意外と多いです。

自分では原因がサッパリわからないので、対処のしようがありませんよね。

わたしもナゼか、いつも左頬だけかゆくなり、肌に負担になるからと我慢して掻かないようにしていたのですが、かゆみを我慢するのってとてもツラいことですよね。

なるべく早く改善をしたいものです。考えられるかゆみの原因と、対処法についてご紹介していきたいとおもいます!

顔のかゆみがおきるメカニズムとは?

顔かゆい顔のかゆみを引きおこすものとして、

  • 紫外線
  • ウィルス
  • 食べ物
  • 化粧品などのスキンケア商品
  • 花粉やハウスダストなどのアレルゲン

などがありますが、特定するのはなかなか難しいものです。

顔の皮膚は、外側にある表皮と皮脂膜で、外部からの刺激から肌をまもっています。

しかし何らかの理由で、肌のバリア機能が低下してしまい、外部から刺激となるものが皮膚に侵入してしまうと、肌は炎症をおこし、かゆみがおきます。

かゆいと掻いてしまいますが、そうすることによって皮膚のバリア機能を担っている角質層がダメージをうけてしまい、さらに刺激を感じやすくなってしまうという悪循環があります。

末端神経につたわり細胞を刺激するため、掻けば掻くほどかゆみはつよくなってしまうのです。

顔がかゆくなる原因とは?

顔かゆいでは、肌がどんな状態のとき顔がかゆくなるのでしょうか?原因が気になりますね。7つの原因を紹介します。

1、肌の乾燥

乾燥している肌は外部からの刺激に弱くなっています。バリア機能の低下というものですね。乾燥肌になっていると、髪の毛などのちょっとした刺激でもかゆみの症状がおきます。

2、皮膚炎

かゆみと炎症がおこる皮膚疾患です。皮膚のバリア機能の低下でおこることが多いですが、原因や症状はいろいろとあります。発疹と一緒にかゆみをともなうことが多いのが特徴です。

3、じんましん

かゆみのほかに、皮膚が腫れたり赤みをともないます。じんましんが出る場所は様々ですが、全身にでることが多いです。じんましんの原因は、ストレスや食べもの、植物や虫などから受ける刺激などいろいろとあります。

4、皮膚の老化

加齢とともに皮膚がうすくなり、バリア機能の低下や、保湿機能の低下がかゆみの原因となります。とくにホルモンが減少すると、症状がおきやすくなる可能性が高くなります。

5、アトピー性皮膚炎

皮膚疾患のなかでも、よく聞く名前ではないでしょうか。かゆみが強い湿疹があり、肌はカサカサの状態になるのが特徴です。

6、乾皮症(かんぴしょう)

バリア機能がこわれ、角質が剥がれてしまった状態のことをいいます。症状がひどくなると、かゆみだけではなく肌がカサカサし、白い粉をふいたりヒビ割れがおきることがあります。

7、尋常性湿疹(じんじょうせいしっしん)

皮脂疾患のなかでも一番多いといわれています。慢性と急性があり、急性の場合は、かゆみとともに紅斑や水泡ができます。

顔のかゆみをともなう病気は、たくさんありますね。症状の程度や、発疹の状態などを把握し、いっこうに良くならない場合は、

医師に相談することをおススメします。

症状に合った適切な処置や処方をしてもらうことで、あなたの顔のかゆみが早く楽になるかもしれませんよ。

顔がかゆいときの3つの対処法とは?

顔かゆいでは、顔がかゆいときに自分でできる対処法とは、どんなことがあるのでしょうか?

1、加湿し乾燥を防ぐ

家のなかは乾燥はしていませんか?室内が乾燥していると、肌も乾燥し、顔のかゆみがおきやすくなってしまいますよ。

室内の理想の湿度は、40~50%といわれています。あまり気にしたことがない方も、湿度計を置いてみることがおススメです。

自分が思っているよりも、案外室内は乾燥しているものですよ。

とくに寒くなってきた秋や冬は、空気が乾燥していますので、要注意です。室内が乾燥していると、肌も乾燥してしまいますので、まずは室内の湿度をあげてみましょう。

加湿器が一番効率よく湿度をあげることができますが、洗濯物を干したりなどでも、
湿度はあがります。

温度計と一緒になった湿度計なども、100均でも手にはいりますよ。1つ用意しておくことがおススメです!

2、スキンケアで保湿をこころがける

顔のかゆみの大敵は乾燥ですので、顔は乾燥させないよう保湿をしっかりとおこないましょう。洗顔やクレンジング後は、化粧水や乳液、仕上げに保湿クリームをたっぷり塗って、
顔の乾燥をふせぎましょう。

3、ビタミンCを摂取する

ビタミンCを摂取することで、皮膚の乾燥からくるかゆみを緩和できます。最近では、アトピー性皮膚炎にもビタミンCが効果的だと注目されているほどです。

くだものなどの食べものや、サプリメントなど、ビタミンCの摂取方法はカンタンにできますので、おススメです。

顔がかゆい原因と対策まとめ

顔かゆい顔がかゆい原因はさまざまで、またその症状の程度も人によって全然違いますよね。

人は痛みもツラいですがかゆみもとてもツラいものです。

まずは、自分でできるケアをおこない、改善の兆候がみられない場合や、ひどくなる場合は医師に相談をしてみましょうね。

かゆみを我慢せず、相談することも改善への第一歩ですよ!