美容豆知識

ニキビにビタミンC誘導体が効果的ってホント?理由と正体とは

ニキビ ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体がニキビに効くという話は、聞いたことがありませんか?

「ニキビができて困っている」

「ニキビは治ったけれどニキビ跡が消えない」

と、悩んでいるそこのあなたにおススメなのが【ビタミンC誘導体】です!

ビタミンC誘導体は、ニキビやニキビ跡に効果があるといわれています。

「聞いたことはるけど、ホントに効果はあるの?」

と、疑問に思っているあなたにも、ぜひご紹介したいビタミンC誘導体。ナゼ効果があるのか、そもそもビタミンC誘導体とは何なのかをご紹介していきたいと思います!

↓ビタミンC誘導体の進化系【APPS】配合おすすめ美容液の紹介記事はこちら↓

あわせて読みたい
APPCフラセラムはシミに効果あるか
【APPCフラセラム】アマランスの化粧品はシミケアにおすすめ※口コミ評判は⁉ 30歳を過ぎてくると少しずつシミが目立ってきますよね。シミが一つあるだけでだいぶ老けて見られてしまいます。 レーザーで治療すればも...

ニキビに効果があるといわれているビタミンC誘導体とは?

ニキビビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体とは、

『ビタミンCを安定して化粧品やスキンケア商品入れるために作られた成分』

のことです。

『ビタミンC』は、

  • ニキビのケア
  • シワのケア、改善
  • たるみの改善

など、美容にうれしい成分です。

しかし、ビタミンCを化粧品に取りいれるためには、困難な理由が2つあります。

①ビタミンCはとても不安定な成分なこと

 ビタミンCは、空気や水にふれるとすぐに壊れてしまいます。

 そのため、せっかく化粧品に入れても効果が発揮できません。

②肌に浸透しにくい

ビタミンCは肌に浸透しにくいので、効果が得られないということになってしまいます。ビタミンCはとても美容に効果があるのに、その効果が発揮できないなんてもったいないですよね。

管理人ことり
管理人ことり
そこで、この2つの弱点をおぎなうために誕生したのが『ビタミンC誘導体』なのです!

ビタミンC誘導体は、肌のなかにはいるとビタミンCに変身をして、その効果を発揮してくれる、とても頼もしい成分なのです。

浸透力にも優れており、肌の奥に浸透するので、ニキビ、シミ、シワなどの肌トラブルを改善してくれるのです。

もちろんニキビ跡にも効果を発揮しますよ!

ニキビにビタミンC誘導体が効く理由とは

ニキビビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体がニキビに効く理由とは、一体なんなのでしょうか?

ビタミンC誘導体は皮脂をおさえる働きがある

ニキビの原因は、毛穴に皮脂がつまることです。

ビタミンC誘導体は、皮脂の分泌をおさえる働きがあるため、

ニキビを予防するためには効果的です。毛穴詰まりが原因となる、黒ニキビ、白ニキビにとくに効果的ですよ。

皮脂の分泌をおさえることで、『ニキビのできにくい肌』を、つくることができます。

ビタミンC誘導体には、炎症をおさえる働きがあるため

炎症をおさえる効果があるので、膿んでいるニキビや、痛いニキビにも効果があります。

肌が炎症をおこすと、肌を守ろうと活性酸素が普段よりおおく作られます。

しかしこの活性酸素は、増えすぎると逆に肌をキズつけてしまうのです。

ですので、増えすぎないようにするためにも、ビタミンC誘導体が活躍します。

ビタミンC誘導体は、活性酸素が増えすぎないよう抑えてくれ、ニキビの悪化もふせいでくれるのです。

ニキビは一度できるとなかなか治らないかたも多いかと思います。

それがまた悩みの一つでもありますよね。

ビタミンC誘導体を取りいれることで、いつもより早くニキビが治せそうですね!

わたしもニキビに悩まされることが多々ありました。

もうちょっと早く、ビタミンC誘導体の存在を知りたかったなぁと思う今日この頃です。

ニキビ跡にもビタミンC誘導体が効くワケとは?

ニキビビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は、ニキビ跡にも効果が期待できる成分ですよ!

では、その理由はナゼなのでしょうか?

ビタミンC誘導体は美白効果があるから

ビタミンC誘導体は、美白効果も期待できます。ニキビ跡は茶色っぽく色素沈着してしまいますよね。そこに働きかけるのがビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体を日々肌に与えることで、シミの原因であるメラニン色素をうすくすることができますよ。

そして、メラニンを作りにくくしてくれますので、ニキビ跡ができにくくなります。

コラーゲンを増やす働きがあるから

ニキビ跡は、色素沈着はもちろんですが、肌がデコボコになりませんか?

デコボコに見える原因は、『ハリ』』がないからです。そのデコボコを治す手助けをしてくれるのも、ビタミンC誘導体です。

肌のデコボコを治すには、ハリが必要ですが、ハリをだすためには、コラーゲンが必要不可欠です。

そのコラーゲンを増やすために活躍してくれるのが、ビタミンC誘導体なのです。

ですから、ニキビ跡を消すためにはビタミンC誘導体が必要なのですね!

ニキビに効く4つのビタミンC誘導体とは

ニキビビタミンC誘導体

じつはビタミンC誘導体には、4つの種類が存在します。

その種類によって、それぞれ特徴があります。自分の肌質に合わせて選ぶのが、おススメですよ。

水溶性ビタミンC誘導体

その名の通り、水に溶けやすいビタミンC誘導体です。

おもに、

  • 化粧水
  • ローションタイプの化粧品
  • サラリとした美容液

これらに使われています。

ビタミンC誘導体の特徴(メリットとデメリット)とは

  • すぐに効果があらわれる(6~10時間)
  • 皮脂をしっかりおさえる
  • 効果の持続性が短い(12時間くらい)
  • 乾燥する

即効性がたかく、皮脂を抑える力がつよいので、『皮脂の分泌が多くて困っているかた』に向いています。

顔がテカりやすい人などですね。

デメリットとして乾燥しやすいところがありますので、乾燥肌のかたにはおススメできません。

油溶性ビタミンC誘導体

その名のとおり、油に溶けやすいビタミンC誘導体です。

  • クリームタイプ
  • 乳液
  • 美容液

などの油分をふくむ化粧品につかわれます。

  • 肌にはやく浸透する(水溶性ビタミンC誘導体よりはやい)
  • 効果の持続性が長い(約43時間)
  • 乾燥しにくい
  • 刺激がすくない

といったメリットがあります。

サラリとした化粧品には使用できないため、ベタつきがあるのがデメリットです。

乾燥しにくいので、『乾燥肌のかた』に向いています。

ベタつきがあるので、皮脂の分泌がおおいかたにはおススメできません。

水溶性ビタミンC誘導体とは違い、即効性はありませんが持続性が高いので、肌のなかで長い時間、ビタミンCの効果を得られます。

新型ビタミンC誘導体(APPS)

水溶性ビタミンC誘導体と、油溶性ビタミンC誘導体の良いところをとってつくられたのが、新型ビタミンC誘導体です。

水、油のどちらにも溶けるので、さまざまな化粧品につかうことができます。

  • 浸透力の高さ(ふつうのビタミンCの約100倍)
  • 乾燥しにくい
  • いろいろな化粧品に使用できる
  • 肌にやさしい

といったメリットがありますが、不安定で、保存方法に限りがある(冷蔵保存)といったデメリットもあります。

ビタミンCの浸透力が100倍とはスゴいですよね!肌の真皮層まで入りこむことができ、優秀なビタミンC誘導体です。

シミやニキビ跡に悩むかたのつよい味方となりそうです。

肌にやさしく、乾燥もしにくいので、『敏感肌のかた』でも安心してつかえますね。

しかし空気や熱に弱く、冷蔵保存が必要なのと、開封後は1か月以内に使いきらないといけないといった、不安定な部分があります。

APPS配合のおすすめ美容液はこちら(APPSだけでなく今話題のフラーレンも配合!)

超新型ビタミンC誘導体(APIS)

新型ビタミンC誘導体はをさらに進化させたビタミンC誘導体です。

  • 浸透力がバツグン(新型ビタミンC誘導体の約2倍&ビタミンCがふつうの約200倍!)
  • 肌にやさしい
  • 乾燥しにくい
  • いろいろな化粧品に使用できる
  • 安定しており、保存方法もカンタン

といった嬉しいメリットがたくさんです。

しかしまだ商品があまり出まわっていないのが残念なところです。

シワ、たるみ、ニキビ跡のデコボコなど、『真皮の悩みを抱えるかた』におススメです。

新型ビタミンC誘導体と違い、保存方法もカンタンですので、ぜひ多くの商品がたくさんでて欲しいところですね!

このように一概にビタミンC誘導体といってもさまざまなタイプがありますよ。

まとめ

ニキビビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は、とても優れた成分ということがわかりました。ニキビやニキビ跡に効果バツグンでしたね!

そのほかにも、美白効果や、コラーゲンを増やしてくれるなど、肌にウレシイことがギュっとつまっていましたね。

ぜひビタミンC誘導体を取りいれ、あなたのニキビの悩みを解決してくださいね。

ニキビやニキビ跡で悩むあなたの、つよい味方となりますよ!